Show your will everywhere

Technology by NII ECHIZEN Laboratory

Designed by sowell design office

カメラの写りこみによるプライバシー問題

IOT(internet of Thinegs)の進展により、コンピューター、センサおよびそのネットワークがいたるところに存在し、生活のあらゆる時間・空間で有益なサービスが受けられるようになりました。その一方で、カメラやGPSなどのセンサを内蔵した携帯端末の普及や、顔認識技術の進展により、プライバシー情報が容易に開示されるという問題が顕在化しています。特にスマートフォンにより、当事者に無断で撮影された写真や、意図せず写り込んだ写真が、撮影者により撮影情報とともにSNSなどに開示されることで、顔認識機能を通して当事者がいつ・どこに誰といたかという情報が暴露される恐れがあります。さらにスマートグラスの普及により、街中を歩いてるだけで、自分の顔や勤務先、趣味などが顔認識機能を通して知られることになり、カメラの写り込みによるプライバシー侵害を防止する本質的な対策が求められています。

このような背景から、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所の越前 功 教授が、顔に装着可能なデバイスを用いて顔認識を妨げる研究に取り組んできました。『PrivacyVisor®』は越前教授が開発した顔検出を妨げる技術を採用しています。PrivacyVisor®をプライバシー保護モードで着用すると、カメラやSNSの顔認識機能を妨害することが可能になり、意図しないプライバシーの侵害防止することが可能になります。面倒な設定は一切必要ありません。場面に応じて上げたり下げたり自由な利用が可能です。

カメラで顔検出されると顔の前に四角いフレームが現れます。(機種、ソフトによって違います)

PrivacyVisorを装着すると四角いフレームは消え、顔検出されません。

装着するだけでプライバシーを保護

プライバシーバイザー(PrivacyVisor®)は国立情報学研究所越前功教授の協力により株式会社前澤金型が商品化し、登録商標第5653596号及び特許第6108562号のライセンスを受けています。

ドイツ技術博物館の常設展示品に選定されました。

ベルリンのドイツ技術博物館(German Museum of Technology)で2015年9月から開催している常設展 “The Network:People,Cables,DataStreams”に選定・展示されました。

all made in sabae japan

脇 聡 Satoshi Waki

eyewear Designer。ソウウェルデザインオフィス代表。1972年兵庫県神戸市生まれ。兵庫県加古川市出身。金沢美術工芸大学美術工芸学部、及び同大学院修士課程。2000年より大手眼鏡商社企画にて国内外有名ブランドの企画デザイン、及び眼鏡企画デザイン会社のオリジナルハウスブランド、国内外有名ブランドの企画デザイン、生産管理、営業を経験する。関わったデザインのアイウェアは眼鏡展示会での受賞や福井県内博物館所蔵品にもなっている。

WEBサイト:www.sowell.co.jp

井上  治  Osamu Inoue

商品設計から金型の設計および実加工、成形部工場の生産管理を主に行っています。 常に心掛けているのは、成形と金型の分野における品質・効率の向上です。優れた商品は、企画・設計から金型製造、量産までが一体となり高いパフォーマンスを残せた時のみ生まれます。「隙の無いモノづくり」によって全体のレベルアップを果たすことで、お客様のご要望に対して、ひとつ上の答えをご提供することができると信じています。

About Privacy Visor

プライバシーバイザーの特徴

①普段使いができます。(通常モード)

②レンズを斜めにします。(プライバシー保護モード)

③プライバシーを守ることができます。

※1:使用環境により正しく動作しない場合がございます。

④WEBでタグ付けされません。 ※1

●フレームの取り外し、及びハネ上げ等は必ず両手で取り扱ってください。

●プライバシー保護機能は日陰や屋内などの暗所環境下では妨害性能が低下する場合があります。

◇使用上のご注意

メガネの掛けはずしは、テンプルを持って顔の正面で行って下さい。片方のテンプルを持って無理に取りはずすと形くずれやゆるみの原因となります。掛ける場合、目をつく恐れがありますのでテンプルを十分に開いてゆっくり行って下さい。メガネを置くときは、レンズの凸面を上向きにして下さい。下向きにしますとキズの原因となります。メガネが濡れたときは、すぐにティッシュペーバーやメガネ拭きで拭いて下さい。濡れたまま放置しますと、水あとがしみになってとれにくくなります。ベンジン、シンナーは汚れとりに使用しないで下さい。プラスチック部分、塗装部分、印刷部分の劣化、変色、変質の原因となります。ゴミやホコリが付着しているときは、まず水洗いをしてから拭いて下さい。から拭きしますとキズの原因となります。フレームが曲がっていたりずり落ちたまま使用していますと、正しい性能が得られない可能性があります。メガネ店などで調整をして下さい。メガネの掛け具合が悪く、鼻や耳に無理な負担がかかるときは、メガネ店などで調整をしてもらって下さい。

タイプ・カラーバリエーション

PV-001

PV-002

col 01:CL RED

col 01:CL RED

col 02:CL NAVY

col 02:CL NAVY

col 03:CL BLACK

col 03:CL BLACK

桜 雪(さくら ゆき)

東京大学卒業、クイズ番組などのバラエティ番組に多数出演し、コメンテーターやライターとしても活躍。めがね課長として、鯖江市の眼鏡を「今月の眼鏡」として情報発信しています。

仮面女子は、東京・秋葉原を中心に活動する“最強”の地下アイドルグループです。マスクを被った今までのアイドルの概念を覆すパフォーマンスが人気を集めています。2017年4月27日、福井県鯖江市は、仮面女子を「めがねのまちさばえ大使」に任命しました。メンバーは各々の特徴を生かした「課長」に就任し、鯖江市や市内企業のプロモーション活動に協力しています。

アリスプロジェクト

http://www.alice-project.biz

お問い合わせ

TEL 0778-52-3382

FAX 0778-52-3572

〒916-0016 福井県鯖江市神中町2-6-8

TEL 0776-21-4472

FAX 0776-21-9868

〒916-0034 福井県福井市菅谷2-3-14

(C)MAEZAWA MOLD Co.,Ltd. All Rights Reserved.

IOT(internet of Thinegs)の進展により、コンピューター、センサおよびそのネットワークがいたるところに存在し、生活のあらゆる時間・空間で有益なサービスが受けられるようになりました。その一方で、カメラやGPSなどのセンサを内蔵した携帯端末の普及や、顔認識技術の進展により、プライバシー情報が容易に開示されるという問題が顕在化しています。特にスマートフォンにより、当事者に無断で撮影された写真や、意図せず写り込んだ写真が、撮影者により撮影情報とともにSNSなどに開示されることで、顔認識機能を通して当事者がいつ・どこに誰といたかという情報が暴露される恐れがあります。さらにスマートグラスの普及により、街中を歩いてるだけで、自分の顔や勤務先、趣味などが顔認識機能を通して知られることになり、カメラの写り込みによるプライバシー侵害を防止する本質的な対策が求められています。